HOME>イチオシ情報>子宮頸がんとは?子宮頸がんの特徴と予防法

子宮頸がんとは?子宮頸がんの特徴と予防法

レディ

子宮頸がんの特徴

女性特有の病気である子宮頸がんは、子宮の入り口に近い頸部と呼ばれる部分に多くできる為、発見率も比較的高いがんです。この病気には、これといった初期症状は存在せず、気付かないうちに進行してしまう恐ろしい病気です。子宮頸がんの特徴として、異形成があげられます。異形成自体には悪性は無いのですが、放って置くとがんに変化する為、取り除くか医師の指導の下で経過観察をする必要があります。異形成のように、がん化する前に発見する事ができれば治療も楽に行え、予後の経過も良好なのですが、ある程度の進行が見られる場合、大規模な手術をする事が検討されます。この時、将来的な妊娠、出産を望む場合には、医師やパートナーとしっかり相談する事が大切です。

女性

子宮頸がんを予防するには

子宮頸がんが予防のできるがんと呼ばれるのは、病気の発生原因が明確になっている事が理由です。子宮頸がんはヒトパピローマウィルスに感染する事で発生すると考えられています。このウィルスは主に、性交渉で人の体に感染しますが、人間が持つ免疫力の作用で押さえ込まれる為、その殆どは消滅します。しかし、原因とされている以上、子宮頸がんを予防する上で、このウィルスに感染しない事が重要なポイントです。性交渉を経験する前であれば、ワクチンの接種でウィルスへの感染が防げるのですが、重大な副作用が発生する懸念がある事から接種の推奨はされていません。また、避妊具による対策も一定の効果は見込めますが、妊活などを考えると完全に防ぐ事は不可能なので効果は限定的と言えるでしょう。予防として、最も現実的で安全な方法は定期検診を受ける事です。早期発見と治療の為には、1〜2年に1回は医療機関で検診を受ける事が効果的とされています。

カテゴリ